理想は1日おきのセックス

妊活には、最初に精子の性能、精度を高める事が大事だと言われています。

真っ先に禁欲をして精子をコッテリにするという、間違った方法に関してはさけなければいけません。

精子の数が増加しても精度はどんどん低下し、不妊や遺伝子異常などの危険性も高まります。

あるべき姿は1日おきのセックスが良いと言われているらしです。、予定排卵日の前後3日の約1週間は、1日おきにセックスを頑張りたいものです。

第二にぴっちりした下着やジーパンなどを、身に着けないようにしましょう。

血流が低下する事で、精子の質が低下する事になりかねません。

他にもサウナや長風呂は精子の精度を低下したり、精子を分解してしまうので、予定排卵日の前後3日の価値があるなタイミングにはこれらの行為は避けましょう。

他にも膝の上でのPC操作などは電磁波が精子のDNAに傷を付ける確率があるので、妊活中は特に配慮しなければなりません。

そして育毛剤の使用について、懐妊に配慮しなければならない成分を使ったものもあるので、そのような成分のものは避けるようにしましょう。

自転車やバイクなど、股間を刺激する事もあまりおすすめできません。

おすすめセックス教材:しみけんが教える快感制覇

この快感制覇でセックスのすべてが学べます。

しかも深酒は精子の精度を低下させる大きなきっかけとなるので配慮しましょう。

食生活は価値があるな1週間だけでなく、妊活期間普段的に栄養のバランスの良い食生活を摂取するようにしなければなりません。

特に好き嫌いが多々ある男性や、野菜不足の男性は必然的にビタミン、ミネラルが不足しがちなので、サプリなどで補う事も大事ではないでしょうか。

当然業務などによるストレスをなるべく避け、定期的のストレスを巧くに落着するようにしましょう。

他にも激しい運動も精子の性能や量を低下させる事につながるので、程よくな運動で押し止めるようにします。

冷え症の男性は特に下半身は温めるようにやりたいものです。

ズボン下などを巧みに使用しましょう。

しかも喫煙している男性は禁煙をイチ押しします。

タバコによって血管の収縮が起こり、ペニスの海綿体に血液が行きにくくなるため勃起回数が低下したり、精子の数が減ったり、運動量が低下したりと、何一ついい事がないので妊活を意識している男性は直ちににでも禁煙しましょう。