小さなスペースで家庭菜園をしています。ピーマンの栽培に挑戦!

自宅では、庭にある小さなスペースを利用して、ピーマンやナスなどを植えています。

ちゃんと大きくなって収穫できると本当にうれしいものですね。

実を付けたままにしていると株が弱ってしまうので早めに収穫しましょう。

ピーマンは湿気を嫌うので、絶対深めのものしましょう。

苗は、出来たらお薦め花が咲き開始出来ているような苗が間違いしにくくて良いのですが、花が咲いてなくて小さい苗の時は、最初に鉢に植え替えて、花が1つ咲くくらいまで進化したものを、プランターに移すというテクニックをとります。

開花から2、3週間でピーマンは7センチくらいの大きさになります。

メッシュの上には鉢底石を敷き詰めておきます。

プランターは、深さのあるもので奥行きは60センチ以上のものが不可欠です。

その方が間違いしないからです。

定着してからの水やりは、土の表面が乾燥したら、水をふんだん与えます。

苗と苗の間は20センチくらいあけて、浅めに植え、株元を軽く手でおさえます。

秋くらいまで収穫可能なので、エンジョイが続きますよ。

育てるのが手っ取り早くな野菜はいくつもありますが、ピーマンもその1つです。

ベランダでプランターを使った家庭菜園をしてみるのはどうでしょうか。

ピーマンを育てる時、種から育てる技術もありますが、未経験者の時は苗を買ってきて使用するのがベストチョイスです。

栽培用土は、自らで仕上げる事も出来ますが、ビギナーの方は市販の野菜用培養土を使用する方が有用です。

植え付けたら、雨が降った時の土の跳ね返りによる病や雑草、乾かすなどの防止のためにワラや複数(園芸用品)を苗の回りに敷きます。

そのくらいの大きさになったら収穫できます。

苗を植え付けて、定着するまでの1週間くらいは定期的水をたくさん与えます。

苗の植え付け方・・4月から6月までが植え付けのポイントになります。

プランターの八分目くらいまで入る量の土が不可欠です。

お薦め花が大きくなり開始出来たら、そのトップ花の直ちに下の2つの脇芽は残しますが、そこから下の脇芽はすべて摘み取ってしまいます。

水はけを心積もりて、メッシュ付きのプランターがいいでしょう。

プランターで育てる事例は帰するところ枝が混んできますから、整枝をします。

その後は2週間に1回の。

肥料ですが、植え付けてから2週間後に追肥します。

ピーマンは乾かすに弱いので、特に暑い夏場は朝と夕方の2回、水やりをしましょう。

水準を満たすまで伸びてきたら、1メートルくらいの支柱を株元からちょっと離れた所に立てて、主枝をひもで8の字型に緩めに結んであげましょう。

栄養価も高いピーマン、何とぞプランターで収穫してみましょう。

ピーマンは風等で茎が折れたりしないように、支柱を立てる不可欠があります。

話は変わりますが、最近、指が痛くて血液検査をしたら血糖値が大変なことになってしまっていました。自律神経を調整して闘病病を改善するとされる方法を発見したので少し考えています。

参考サイト: 糖尿病改善5ミニッツ

青坂一寛さんはアマゾンアンリミテッドでよく見る健康本でも、頻繁に登場していてめちゃ参考になる健康情報がいっぱいです。